みかんパワー!

スクコレのブログ

超越者の遺産

 

2017年5月3日

 

ライスCS会場

 

1人のデュエリストが予定より大幅に遅れて到着した

 

彼の名は「Over.T」

 

乗り越えし者という意味だ

 

Over.T「寝坊して電車間に合わねーからタクシーで来たけど」

 

Over.T「予定外の出費だったぜ〜」

 

Over.T「いかにも破産、って感じだぜ〜」

 

Over.Tは大事なCSの前日にもかかわらず

 

スナックで3時過ぎまでチャンネーと飲んでいたのであった…

 

ともあれ無事にチームメイトと合流したOver.T

 

席順はサイコロで適当に決めてしまったが

 

この運命のダイスロールによりOver.Tは

 

彼のデュエリスト人生で最大の試練を課されるハメになる

 

そして、ライスCSが始まった

 

Over.Tのチームは予選1回戦を勝利

 

だが続く2回戦目

 

Over.Tの対戦相手はVGではないカードを盤面に置いていた

 

それは

 

ラブライブ!スクゥールアイドルコレクション

 

通称「ドルション」

 

星空凛

 

シィークレットレアカード

 

Over.T「ゴールド・”キッド”………!」

 

Over.T「いつもいつも俺の邪魔ばっかりしやがって……!!」

 

Over.T「そっちのチームで1番当たりたくない相手だ」

 

キッド「いや、それこっちのセリフなんだが〜」

 

運命か偶然か

 

紙オタ同士は引かれあう

 

キッドvsOver.T

 

もはや避けられない宿命なのだ

 

キッドが置いている星空凛のカード

 

それは「メンタル」の拠り所であり

 

「パワー」を生み出す

 

ならばOver.Tにも

 

それに対抗する「パワー」の源が必要である

 

Over.T「俺もスクコレ出そーっと」

 

Over.Tが置いたのは

 

園田海未

 

高海千歌

 

シィークレットレアカード

 

計5枚

 

キッドが置いていた3枚を数では上回った

 

キッド「やべー!5枚とか!数で負けてる!」

 

Over.Tは持てる力の全てを以って

 

目の前の相手を倒さなければならなかった

 

それはチームのため

 

キッドはOver.Tのデッキをシャッフルする際

 

誤って1枚のカードを見てしまう

 

Over.T「あ、デッキバレた」

 

Over.T「ジャッジ呼ぼうかな」

 

キッド「いや、もう分かり切ってるでしょ」

 

キッド「お互いに」

 

そのとおり

 

Over.Tは円卓ロイヤル

 

キッドは歯車ドラゴン

 

何度も戦ってきた相手である

 

故にOver.Tは

 

苦戦を覚悟していた

 

Over.T(俺のデッキでは歯車ドラゴン相手に勝ち目はない…)

 

Over.T(だからといって負けられない)

 

Over.T(頼むぞ…星の力「クリパワー」)

 

Over.T(勝つのは俺だ……!)

 

準備を終えた2人は

 

静かに

 

デュエル開始の刻を待った…

 

そして

 

スタンドアップヴァンガード!!」

 

楽しいデュエルが幕を開けた

 

 

デュエル中盤

 

キッド「ノーガードっすね〜」

 

Over.T「は?」

 

Over.T「え?3点でしょ?」

 

Over.Tに対する3ノー

 

それは絶対にやってはいけないこと

 

キッドも身に染みて分かっているはずだ

 

ならばなぜ?

 

実のところキッドは前のターン

 

手札を増やしまくったが

 

完全ガードを引けていなかった

 

それ故の3ノー

 

ダブクリの化身

 

Over.Tは勝利を確信

 

Over.T「ハイ、勝ち〜」

 

Over.T「もうすでに俺の勝ちじゃん」

 

キッド「イヤ捲らない捲らない」

 

Over.T(思えば俺とキッドの最初のデュエルも)

 

Over.T(ダブクリの応酬だったな…)

 

以下回想

 

2016年3月16日

 

カードラボの大会にて

 

Over.Tとキッドは対面していた

 

Over.Tは宝石ロイヤル

 

キッドは歯車ドラゴン

 

Over.Tの新世紀ヱヴァンゲリヲンのアタックに対し

 

3ノーするキッド

 

Over.Tは当然のようにダブクリで勝利

 

キッド「でもダブクリじゃなくても負けてましたね」

 

 キッド「返しのネクステージ止められると思うんで」

 

Over.T「そうですね、ハンドにG0がいっぱいあるから」

 

Over.Tはこのとき

 

キッドがダブクリを負けの言い訳にしなかったことと

 

歯車ドラゴンというOver.Tには到底理解し得ない

 

難しいデッキを使いこなしていたことから

 

キッドのことを

 

頭の良いデュエリストだと思ったのである

 

(付き合いが長くなるにつれてそのイメージは崩壊した)

 

この日の大会は

 

キッドを倒したOver.Tが

 

そのままの勢いで優勝した

 

そして次の週

 

またしてもラボの大会

 

その決勝卓で

 

Over.Tとキッドは対面していた

 

Over.Tはこの日

 

薔薇ネクロを使用

 

対するキッドは影ロイヤル

 

Over.Tはこれに勝てば先週に続き2連優勝といったところだが

 

組んだばかりの薔薇ネクロを初めて大会で使ったため

 

まだまだプレイが未熟であり

 

Over.T(あー、コレじゃあハァントムブラスター・デ・アーブロをケアできねーな)

 

Over.T(かといってケアしながら強い動きできねーし)

 

Over.T(これはお祈り3ノーしか…)

 

Over.T(と思ったらヒール捲ったァ!)

 

Over.T(耐え耐え〜〜)

 

返しのターン

 

Over.Tの盤面はガラガラ

 

キッドは当然ハァントムブラスター・デ・アーブロに超越

 

2ノーせざるを得ないOver.T

 

キッドのドライブは

 

ダブクリ

 

ちーん

 

2週連続で当たったこと

 

お互いダブクリで終わったこと

 

薔薇ネクロでの初優勝を邪魔されたこと

 

これによりキッドは

 

Over.Tの中で

 

印象的なデュエリストの1人となったのである

 

回想終わり

 

Over.T(俺たちの最後のデュエル……)

 

Over.T(ダブクリで終わるのが相応しい)

 

Over.T(そういうことだろ?……キッド)

 

Over.TはこのライスCSを以って

 

ヴァンガード引退を決意していたのだ

 

Over.T(ドライブチェック……!)

 

ドクン…ドクン…!

 

Over.T(この音は…?)

 

Over.T(デッキから聴こえるこの音はなんだ?)

 

Over.T(だが感じる…!)

 

Over.T(圧倒的なクリティカルの予感!!)

 

Over.T(まさかこの音が…)

 

Over.T(”ホシノコドウ”……!!)

 

常日頃クリパワーを信仰し

 

研鑽を重ねてきたOver.T

 

さらに盤面に配置した

 

スクゥールアイドルたちの

 

輝きが生み出す「パワー」

 

引退を目前にしてついにOver.Tは

 

ヴァンガードの真理に到達

 

「星の超越者」として覚醒したのだ

 

そして”ホシノコドウ”……

 

覚醒した者にだけ聴こえる

 

絶対的なクリティカルのビート……!!

 

Over.T(感謝するぜキッド……)

 

Over.T(今まで何度も)

 

Over.T(アツいデュエルをありがとう……!)

 

1枚目…

 

Over.T「クリパワー」

 

キッド「出たよ出たよ…」

 

2枚目…

 

Over.T「クリパワー」

 

キッド「出た出た出た出た!」

 

3枚目…

 

Over.T「クリパワァァァーーー!!!」

 

キッド「出し過ぎィィッ!!ッアーーー!!」

 

Over.T「ヴァンガードたのちー」

 

このデュエルの翌日

 

Over.Tは手持ちのカードをほぼ売り払い

 

ヴァンガードを引退した

 

しかし

 

彼のヴァンガードはまだ終わっていない

 

彼が売らずに残した

 

16枚のカード

 

超越者の「遺産」

 

これを手にした者が

 

Over.Tの

 

ダブクリのスピリットと

 

星の「パワー」を受け継ぐのだ……

 

 

つづかない

 

 

※この物語はフィクションです。実在の人物や出来事とは一切関係ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする