読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんパワー!

スクコレのブログ

VG黒歴史

 

 僕はVGではオリジナルの変なデッキをよく使います。その理由は2つあって、ひとつは構築を最初から考えるのが好きだから。もうひとつはプレイが下手すぎて人と同じデッキ使っても勝てないからです。

 今回はそんな僕が使ってきた変なデッキたち。いわば僕のVG黒歴史ともいえるものを紹介します。

 

①マジェシング

 僕が新潟に来て最初に使っていたデッキです。竜剣双闘から超越が出る前くらいまで使っていました。先行マジェぶっぱからのシング3パンが狙いです。ドロトリが6枚とリアン互換が6枚入っていたので実は結構パーツが揃いやすかったりします。

 ちなみにシングアビス規制の影響でアリアンロッドが採用できなくなり僅かに安定性が落ちました。

 

サロメシング

 煉獄炎舞でリミ解が出てからちょっと使ってました。狙いはマジェシングと同じで先3☆2パンチからのシングで詰めですが、マジェと違ってソウルが溜まらないうえ、当時はまだそーどみーも無かったので激弱でした。

 のちに宝石シングが環境トップになりましたが、その頃僕はVGから離れていました。

 

③☆12アーシャ

 プリマヴェーラのイラストがどストライクだったので釣られて組みました。時期は月煌竜牙あたりで波紋が暴れてる頃だったと思います。

 当時のアーシャはまだ開花とかも無く、並べてゴリラするだけなら☆12でよくね?という単純な理由で☆12に。環境のスピードに対応するため超越前に動けるメイデンをタッチさせていました。

 しかしせっかく組んだのですがすぐ飽きてしまい、1回公認で使っただけでその後友達に譲りました。なので僕がアーシャを使っていたことは殆ど誰も知りません。

 

④☆12ナイトローゼ

 櫂のLDから超極審判前まで使っていました。当時はサンクや七海などの早いデッキが環境に存在し、僕はそれに対応するためFVぴーたーカットラス4積みのナイトローゼを使っていました。これにより七海並の初速を得ていましたが、じゃあ最初から七海使えやって感じですね。七海も少し後に組みました。

 このデッキの利点はやはりおばだいあで☆を圧縮してからのダブクリで、負け試合もこれでひっくり返すことが何度かありました。僕は元々3ノーにダブクリ突っ込むのが大好きなので、☆が12より少ないデッキはあまり好きではありません。

 

⑤クソムーブアルフレッド

 去年の11月からつい最近まで使っていた、僕の代表作とも呼べるデッキです。アーリーや飛天でブラブレを盤面に置き、ラルースでトランキルユニコーンとふろうがるを呼んでブラブレの連パンでゴリ押します。

 ヒールを圧縮して捲るうえベノンで完ガをサーチするので地味に耐久もあります。ですがギアクロに壊滅的に弱く、ルアードの札も削りきれないので使うのをやめました 。今使ってるアルフレッドは全然違う構築になっています。

 

 

おわり

 

広告を非表示にする