読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんパワー!

スクコレのブログ

新潟スクコレ戦記 最終話「紙オタたちの長い1日」

今回の登場人物(敬称略)

 

f:id:obata_tkmck_SIC:20170327121356j:image

香風チーノ:第1回VG新潟GP優勝/youtubeに動画投稿/

 

 

2017年2月11日

 

とある駅にて……

 

オバタ(やっちまったーー!)

 

オバタ(電車の時間間違えて乗れなかった!)

 

オバタ(これ大会間に合わんぜ、どーしよ……)

 

オバタはこの日デュエルガルド一号店で行われる、

 

スクコレのミーイベに参加する予定だったが、

 

新発田行きの電車は無情にも

 

オバタの目の前で走り去ってしまった……

 

オバタ(ま、とりあえずタバコ吸ってツイッターでも見るか)

 

以下ツイッター

 

オバタ「新発田行きの電車間に合わなかった!!終わった!俺のアドムーブ!!!」

 

りくぴ「何しとんねん()」

 

オバタ「やっちまったべ〜  2時間欠損でマイナス100アド!! 負けで」

 

りくぴ「これワイが拾いに行った方が早くない???」

 

オバタ「救世主リクピエル助けて〜🙏🙏🙏」

 

りくぴ「仕方ないにゃ〜〜〜」

 

それからしばらくして……

 

オバタ「いやー、マジで助かった」

 

りくぴ「電車一本逃して2時間欠損とかヤバイでしょ」

 

オバタ「まあイナカモノズれいんだからね」

 

りくぴ氏のおかげでミーイベの時間前に一号店に同着したオバタたち

 

するとそこには、

 

オバタ「あれ?レルムさんたちもいる!」

 

一号店ではVGの大会が行われていたが、

 

それにレルム氏、けんちゃん氏、カプチーノ氏ら魚沼勢も参加していたのである。

 

オバタ(この人らまさか新発田まで来るとは……)

 

オバタ(てっきり会うのはデッキーからだと思っていたのに、)

 

オバタ(やる気勢かよ!)

 

しかしカプチーノ氏はけんちゃん氏との対面が階段となったため、、、

 

カプチーノ「オラ!ライドなんてしなくていいから早く殴れよ!!」

 

VGの大会を早く終わらせるため自分から階段を崩すことに……

 

オバタ「いや、カプチーノさんVGやる気無さすぎでしょ……」

 

この結果VGの大会はすぐに終わり、

 

続いてスクコレの大会が開催された。

 

 

スクコレのミーイベが終わると、

 

何やらレジの方が騒がしい……

 

それに気付いたオバタは、

 

隣でツタンカーメンのマスクを被った不審な人物が

 

何か怪しげなことをしているのを横目に、

 

レジへと向かうことにした。

 

するとそこでは、

 

ガルドの店長「××××××××!(カードショップ店長とは思えないセリフ)」

 

りくぴ「××××××××××!!(歳上の人に使うとは思えないセリフ)」

 

りくぴ氏とデュエルガルドの店長が、

 

お互いを煽りながらスクコレ5弾を剥いていた……

 

オバタ(客と煽り合いながらパック剥くとか、)

 

オバタ(カードショップの店長のやることかよwwwww)

 

オバタ(でもまあ、面白そうだから見てよう)

 

しかし、りくぴ氏と店長は

 

HRも出てないのに途中で剥くのを辞めてしまった…

 

それで終わっては面白くないので

 

オバタ「じゃあ俺も剥くわ!」

 

オバタ「2パックで!」

 

りくぴ「ホラそういうのやめようって!」

 

りくぴ「それで当たり引いたら許さねーからな!」

 

しかしオバタが賽を投げて何も起こらないはずがなく……

 

オバタ(出た!!未熟衣装の花丸!……サインは……?)

 

オバタ「よっしゃァァァ!!」

 

オバタ「ズラ丸シクゥーーー!!」

 

オバタ「見たかオラァ!」

 

オバタ「これがスクコレヤクザだッ!!」

 

目の前で推しのシクを引かれる、

 

という現実をりくぴ氏に叩きつけるオバタ

 

りくぴ「ハァーーー!?」

 

りくぴ「おまえおまえおまえおまえ!」

 

りくぴ「ちょっとふざけんなよ!!!」

 

りくぴ「目の前で推しのシク引かれるとか!!」

 

りくぴ「この前も凛ちゃんのシク引いてたし!!」

 

りくぴ「しかも俺、今日1日こいつ車に乗せてかなきゃだからね?!」

 

りくぴ「よし、カラオケまでは乗せてくけど、」

 

りくぴ「そっから歩いて帰れよ!!!」

 

りくぴ氏はしばらくわめき散らしてから、

 

りくぴ「じゃあデッキー行きますかぁ」

 

りくぴ「まあこの人にはラーメンでも奢ってもらいます……」

 

2人はデッキーで行われるミーイベに向かうことに……

 

りくぴ「あ〜〜マジ疲れた…」

 

オバタ「あんなに叫ぶからでしょ…」

 

りくぴ「いや、だってさぁ……ハァ……」

 

オバタ「このあとデッキーと卍会もあるからな」

 

りくぴ「もうこのまま帰ってよくね?」

 

オバタ「まあ確かに今日は満足したけど…」

 

りくぴ「でもまあ、行くかぁ」

 

オバタ「ああ……気合いで行こう」

 

オバタ(俺たちの1日はまだ始まったばかり……)

 

(俺たちの冒険はこれからだ!!)

 

 

おわり

 

 

長い間ご愛読ありがとうございました。

オバタ先生の次回作にご期待ください。