読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんパワー!

スクコレのブログ

新潟スクコレ戦記 第10話「アナルバーン②」

前回のあらすじ

 

初のミーイベ参加者2名……

 

 

東北のチームと別れ、晩飯の予定を話し合うオタクたち。

 

オバタ「ワンチャン新津のコングにスクコレあるかもしれないから、」

 

オバタ「晩飯その辺で食うのもアリ」

 

ということで新津へ移動することに……

 

道中AqoursのCDに収録されているドラマパートを聴いて、

 

言語障害オタクと化す2人

 

りくぴ「ああ可愛い!脳が溶ける!!」

 

オバタ「千歌ちゃんの声はハッキリ言って、」

 

オバタ「あ、もう無理!無理オタク!って感じ」

 

そんな頭の悪いやり取りをしているうちに、

 

新津コングの前へ到着。

 

りくぴ「寿司とラーメンどっちにします?」

 

オバタ「ラーメンにしましょ」

 

こうしてラーメン屋に入った2人だが…… 

 

オバタ「この麻婆麺、辛さ選べるじゃん!ふーん……」

 

オバタ「とりま激辛いっちゃう?」

 

オバタ「いっちゃいますぅ?」

 

蒙古タンメンを常日頃食べて辛い物に慣れていたオバタは、

 

所詮はファミリー向けラーメンチェーンの激辛メニューと甘く見て、

 

麻婆麺を辛さMAXで注文…

 

しかし運ばれてきた麻婆麺の匂いを嗅いだ瞬間、

 

オバタ「あ……、これヤバいやつだ」 

 

りくぴ「だってこっちまでヤバい匂いきてますからね…」

 

りくぴ「もう見た目が人間の食べ物とは思えない」

 

早速スマホのカメラで撮ってツイッターに上げるりくぴ氏……

 

りくぴ「対面のオタク今からこれ食べるらしい」

 

オバタ「や、でもこのくらいのやつなら」

 

オバタ「前にも食ったことあるからイケる!」

 

覚悟を決めて食べ始めるオバタ

 

りくぴ「よく食えるなあ…(ドン引き)」

 

オバタ「こういうのは、躊躇して箸止めたら永遠に勝ち目ないから」

 

オバタ「ウィニーするしかないんすよ!」

 

オバタ「アナルバーン、腹痛ビート、発汗コントロール

 

オバタ「全部ウィニーで取れるから!」

 

りくぴ「またそうやってオタクだからすぐ紙に例える〜」

 

りくぴ「つーか汗ヤバ…」

 

ヒーコラ言いながらも麺を食べきったオバタだが、

 

オバタ「 まだ勝ってねえ!スープも飲まなきゃ勝ったことにならねー!」

 

りくぴ「いや、もういいでしょ…」

 

りくぴ「なんで戦いになってんの?」

 

オバタはご飯を注文し、そこに残ったスープをかけて麻婆飯みたいにして食べ始める…

 

りくぴ「え、かけちゃうの!?」

 

りくぴ「ご飯で辛さ誤魔化しながらスープ飲むと思ったのに、」

 

りくぴ「スープかけたらご飯も全部辛くなっちゃうでしょ!」

 

オバタ「あ、そっかあ……」

 

オバタ「プレミったァーー!」

 

それでもオバタは激辛麻婆麺を汁まで完食し、

 

腹に強烈な痛みを抱えながらも、

 

コングへスクコレを剥きに行く……

 

オバタ「ラーメン屋に入ったまでは良かった」

 

オバタ「麻婆麺を頼んだのも良かった」

 

オバタ「辛さMAXにしたのがマズかった」

 

りくぴ「プレミでしたね……」

 

翌日、オバタの肛門は炎上した……

 

 

「アナルバーン」編 おわり

 

 

※このブログの筆者は記憶障害のため、ブログの内容が事実と異なる場合があります

 

 

 

Q.「今回のエピソードあんまりスクコレと関係なくね?」

 

A.「俺もそう思う」