読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みかんパワー!

スクコレのブログ

新潟スクコレ戦記 第6話「ハンドが上越③」

前回のあらすじ

 

Aqoursのおためしセットを買ったオバタとりくぴ氏……

 

 今回からの登場人物(敬称略)

f:id:obata_tkmck_SIC:20170228184458j:image

マンヂロウ:μ's海未希絵里推し/Aqoursダイヤ善子推し/卍会主催/妻子持ち

 

さっそく開封するオタクたち

 

内容を確認しまずは通常の4パックから開けることに

 

そこでいきなり、

 

オバタ「え!!?千歌ちゃん!!しかも光ってる!!!ヨッシャァァ!!!!!」

 

推しのSRを当てて叫ぶ限界オタク……

 

続いて開けたキラキラパックでも、

 

オバタ「また千歌ちゃん!!!」

 

オバタ「もう絶対俺のこと好きでしょ!!」

 

オバタ「付き合うしかないね、これは!!うん!!」

 

りくぴ「対面のオタク強すぎるんだが〜〜」

 

オバタ「もうこれだけで優勝だから!」

 

オバタ「権利戦とかどうでもいいわーー」

 

おためしセットから推しのSR2枚出すという幸先のいいスタート

 

さっそくデッキに加え対戦してみることに

 

りくぴ「へー、結構考えることあって面白いですね〜」

 

オバタ「初動Jumping Heart強くないすか?」

 

りくぴ「強い」

 

オバタ「これでさらにスキル持ってるHRとか加えたら、」

 

オバタ「できること増えまくって絶対楽しいですよ!」

 

スクコレのシンプルながらも奥深いゲーム性に、

 

さっそくハマる2人

 

りくぴ「何よりカードが可愛い!」

 

りくぴ「勝っても負けても可愛いカードだから、」

 

りくぴ「VGと違ってストレスが全くない」

 

オバタ「わかる」

 

そうこうしているうちに…

 

権利戦に参加するVGプレイヤーたちがビートに来店

 

りくぴ「あ、マンヂロウさんおつかれ様です」

 

オバタ「あ、どうも」

 

卍「おつかれ様で〜す。え?それ何やってるの?」

 

りくぴ「スクコレっていうラブライブ!だけのカードゲームです」

 

卍「へー、おもしろそう」

 

2人はマンヂロウ氏にスクコレのルールをざっと解説

 

オバタ「青空JHで6人いるから6ドロー!」

 

卍「強い〜〜」

 

スクコレに興味を持った様子のマンヂロウ氏…

 

彼もまた新潟のスクコレ黎明期において、その発展に貢献することになるがそれはまだ後の話である。

 

しばらくすると蟹の素氏も来店

 

蟹「え、本当にそれやってたんだw」

 

りくぴ「俺ら今日VG一切やってないからね!」

 

蟹「草生えるw」

 

りくぴ「いや、めっちゃおもしろいよこれ」

 

蟹「ふーん」

 

やがてGPの店舗予選が始まることに… 

 

りくぴ「じゃあ仕方ないからVGやりますかァ…」

 

オバタ「はァ〜、やりたくねー」

 

スクコレが楽しすぎるあまり、

 

VGに対するモチベーションがダダ下がりしている2人……

 

こんなんで予選を勝ち抜けるのか…?

 

つづく

 

 

※このブログの筆者は記憶障害のため、ブログの内容が事実と異なる場合があります