みかんパワー!

スクコレのブログ

新潟スクコレ戦記 第4話「ハンドが上越①」

2016年11月19日

 

この日豊栄公民館では、新潟VG界の首領であるみみーら氏の呼び掛けで

 

VG新潟GPに向けた調整会が催されていた

 

調整会には20人を超えるプレイヤーたちが参加

 

和やかな雰囲気でVGを楽しんでいた…

 

そんな中突如開催されたVGシングルトーナメント!

 

2回行われたトーナメントの2本目、決勝卓に着いたのは……

 

りくぴ「えーー!?またオバタさんかーー!!なんでアルフレッドで上がって来るのこの人???」

 

オバタ「いや本当はナイトローゼ使うつもりだったけど、初戦でランナー踏んだから仕方なくこっちなんですよ〜!!」

 

なぜかここでも当たってしまう2人なのであった……

 

卓に着いたりくぴ氏の凛ちゃんプレマと、オバタの千歌ちゃんスリーブを見た人が、

 

「オレンジ対決」

 

と言ったのを聞き逃さず抗議するオバタ

 

オバタ「いや、凛ちゃん黄色なんで!そういうのオタクに怒られますよ?オレンジは穂乃果ちゃんですから!」

 

オタク特有の早口&小声でマジレス…

 

りくぴ「え〜〜、このオタク怖すぎ……(ドン引き)」

 

試合は序盤、オバタは得意の速攻が決まらず劣勢を覚悟

 

しかし捲りの強さでりくぴ氏のギアクロによる猛攻を耐える

 

りくぴ「マジか!今のネクステ耐えるか〜」

 

試合は長期化しギャラリーからは、

 

「まだ終わんないの!?」「いつまでやってんの!?」

 

などの暖かい声援を送られ…

 

会場の撤収時間も近づき

 

早く終わった方が良さそうな雰囲気がビンビンに醸し出される中、

 

オバタ「いい加減死んでくれーー!!」

 

オバタが叩きつけるように超越したセイントブローがフィニッシャーとなり

 

ファイトは幕を閉じた……

 

その後、

 

オバタ「明日の予選どうします?」

 

りくぴ「やっぱビート丸くないすか?」

 

2人は次の日のGP予選について相談

 

りくぴ「ワンチャン途中でオバタさん拾って行きましょうか?」

 

オバタ「じゃあそれで!お願いします」

 

こうして、後に新潟スクコレ界の中心地となる「ゲーム館ビート」へ

 

2人のオタクが向かうことになったのである……

 

つづく

 

 

※このブログの筆者は記憶障害のため、ブログの内容が事実と異なる場合があります