みかんパワー!

スクコレのブログ

ハッパ・サン伝説

 

 今回はタイトルの通り、新潟のおもしろスクコレプレイヤー「はっぱさん」についての記事です。彼のおもしろエピソードはいくつかあって以前からブログに書こうと思ってはいたのですが、どの話も単体でブログにするにはイマイチおもしろさが足りず、書いては消しを繰り返すばかりでした。そこで今回はそれらのエピソードを纏めて紹介したいと思います。はっぱさんのことをよく知ってる人もあんまり知らない人も、これを読んではっぱさんについての知識を豊かにし、彼とのスクコレを楽しんでもらえればと思います。

 

f:id:obata_tkmck_SIC:20171022093442j:image

(このカードはブログの内容とは一切関連がありません)

 

1章:はっぱさんってどんな人?

 はっぱさんのエピソードを紹介する前に、彼のことをそんなに知らない人にむけてはっぱさんの基本情報を書きたいと思います。これを読めばあなたもはっぱさんマスターです(意味不明)。

 

・「ラブライブ!」というアニメが大好きなはっぱさん。好きなキャラは「南ことり」と「黒澤ルビィ」。

・はっぱさんは1992年生まれ。

・はっぱさんとりくぴさんは幼馴染。その親交は小学生時代から続く。

・はっぱさんとぬーびあむさんは高校時代からの付き合い。

・はっぱさん、りくぴさん、ぬーびあむさんの3人で「チーム豊栄」を結成。豊栄最強のオタサーとなる。

・岡山に遠距離恋愛中の彼女がいるはっぱさん。しかしあまりうまくいってないらしい。

・「咳が止まらなくなってなんかヤバくなる」という謎の発作を持つはっぱさん。そのケアのため大量の水を常備している。

・絵が描けるはっぱさん。ツイッターのアイコンやヘッダーは自分で描いている。

 

2章:はっぱさんとスクコレ

  はっぱさんといえばスクコレ。スクコレといえばはっぱさんである。

 

・りくぴさんの布教でスクコレを始めたはっぱさん。

・長らくことり単とルビィ単ばかり使っていたが、最近いろいろ新しいデッキに手を出している。

・はっぱさんは推しのSECやSPを身内によく引かれる。

・パック争奪戦で勝利するも全然光り物を引けず、この際ついたあだ名が「養分」。

・スクコレではなぜか2重スリーブにしないはっぱさん。周りがどれだけ言っても頑なにオバスリを使わない。

・ローダーのことをなぜかセパレーターと呼ぶ。

・ことり単を使っているときのはっぱさんは非常にキモく、「ことりちゃん俺たち付き合ってるよね?」が口癖。

・第2回新潟スクコレ王決定戦ではメインとセトリが噛み合ってない賢者デッキを使ってしまい、結果1勝もできず唯一の勝ち点ゼロで予選最下位。主催からは「クソザコ養分モブ賢者」と罵られる。

 

3章:はっぱさんと遊戯王

 遊戯王を嗜むはっぱさん。使っているデッキを見るにわりと前からやっていた模様。

 

・「ユベル」「スピリット」「暗黒界」など古代のデッキを使っていたはっぱさん。しかし負けすぎて今の時代で使うデッキじゃない事に気付き、それらの古代デッキを全部崩す。

・「アレ引いたら勝てる!引いたら勝てるのに〜」と言うが、その大事なキーカードをなぜか3積みしていない。

・ラボのストレージを長時間漁った挙句、どう見ても使わない賢者カードの束を6000円で購入する。

・今のはっぱさんは「青眼」をメインで使っている。理由は青が好きだからとのこと。

・はっぱさんは遊戯王の大会に出たことは無い。学校で休み時間に遊戯王やっちゃうタイプのオタクだったらしい。

オルタナティブの本物を買わず、なぜかプロキシを買ってしまう。

・はっぱさんはホープザライトニングに弱い。相手のデッキにホープザライトニングがあるにもかかわらず、リンクリボーを立てて大喜びしているからである。

 

4章:はっぱさんとラーメン

 ラーメン大好きはっぱさん。推しは味噌ラーメン。

 

・はっぱさんはラーメンの味玉が大好物。ラーメン屋に行くと毎回4個くらいトッピングする。

・とあるラーメン屋では券売機の味玉のボタンを激しく連打し、券売機を故障させてしまう。その様子がとても健常者には見えず、ついたあだ名が「味玉ガイジ」。

・別のラーメン屋では味玉を注文したつもりが真っ白なゆで卵が出てきてしまう。白い皿に真っ白なゆで卵が4つ乗っている様子があまりにシュールすぎ、これには一同大爆笑。

 

5章:はっぱさんといろいろ

 

・UFOキャッチャーが好きなはっぱさん。ゲーセンに行くと結構フィギュアを取ったりする。

初音ミクが好きなはっぱさん。カラオケでも初音ミクの曲を歌う。

・今年の春くらいからたばこを吸い始めたはっぱさん。銘柄はKOOL

・最近食欲が増しているはっぱさん。ストレスのせいらしい。

・コミュ力はわりと高いはっぱさん。誰とでもすぐ仲良くなれる。

 

  若干かしこさが足りてないときがあるはっぱさんですが、一緒にいておもしろいオタクであることは確かなので、彼と知り合った人は積極的に関わってみてはどうでしょうか。

 

おわりです

 

 

 

第2回交流会まとめ(とついでに2233型の解説)

 

 昨日の第2回交流会は第1回よりさらに多くのプレイヤーにお集まりいただき大盛況となりました。主催としてはたいへん喜ばしく、また1人のプレイヤーとしても大いに楽しむ事ができました。参加者のみなさんも楽しんでいただけたでしょうか。また参加したい!と思っていただけたのなら、続く第3回でもよろしくお願いします。

 さて、今回の交流会では前回ビートの店長さんの企画で行われた「新潟スクコレ王決定戦」を、さらに競技性を高めたルールでやってみました。あのルールは元々僕がスクコレCS用に以前から考えていたもので、個人的にはせっかく考えたルールがボツにならなくて良かったのですが、参加者のみなさんからも好評だったようでなによりです。ランダムセトリやタッグ戦のようなお楽しみ要素の強い企画と、競技性の高い大会を組み合わせることで、いろんな人に参加して楽しんでもらえる交流会になったのではないかと思います。

 そして、新ルールで行われた第2回新潟スクコレ王決定戦、優勝はカイヌマさんでした。おめでとうございます。

↓優勝デッキ

f:id:obata_tkmck_SIC:20171009072332j:image

 小悪魔希軸の希単をベースに、スタートを4弾梨子にする事で2223と2233を選択できる強力なセトリを採用してあります。青RUSHが1枚足りず赤RUSHにしてるそうなので、これはまだ未完成らしいのですが、それでも優勝してしまうあたり強力なデッキということです。

 ちなみに前回優勝デッキがこの↓海未単なのですが、見て分かる通りかなりデッキタイプが似ていますね。

f:id:obata_tkmck_SIC:20171009074042j:image

 そこで今回はこのタイプのデッキがなぜ強力なのか解説してみたいと思います。暇な人は参考までに読んでみてください。

 まず2つのデッキを比べて見るとセトリ6枚中4枚が共通しています。この4枚の楽曲カードがこのタイプのデッキの強さを支えているカードなのでこれを解説したいと思います。

①ラブピとゼロワン

 言うまでもなく優秀なドローソースで今は様々なデッキに採用されています。この2枚のカードは非常にいやらしいポイントが2つあって、1つは緑ピースの要求が2であることです。現在採用率の高い強力なHRは緑ピースのものが多く、小悪魔希や6弾果南などがそうですね。この緑2ピース要求という点については、海未単より希軸の方が上手く活かされていて、ラブピであればバニラ+HR+LIVE、ゼロワンなら初回ライブ前梨子+HR+ LIVEや初回ライブ後梨子+HRといったようにHR込みで綺麗にピースが揃うように組まれています。

 まあこのように緑2ピースの強力なHRを軸にしたデッキで採用しやすいということです。色的に考えてゼロワンのピース要求は本来212であるべきなのですが、なぜ122で出してしまったのか。開発の神経を疑います。

 やらしいポイント2つ目は色が緑じゃないことで、こっちの方は海未単と噛み合っています。ユメユメを最後まで残しつつ、人魚海未のためにセトリの色を散らさなければならないデッキではユメユメ以外の緑楽曲を採用したくないのですが、ラブピもゼロワンも緑じゃないので余裕で採用できます。ピース的に考えてゼロワンの色は本来緑であるべきなのですが、なぜ青で出してしまったのか。開発の神経を疑います。

 このようにラブピもゼロワンも両方強力なカードではあるのですが、ゼロワンの方は正しいデザインをされていない感がするので、ある意味バグ的な強さだなあと個人的には思っています。

②ユメユメ

 最後にライブする事でピース要求が下がるというED曲に相応しい効果ですがあまりに強力すぎました。2223型については今更強さを説明するまでもないので省略しますがこのタイプは非常に安定して早いターンを出せます。今回決勝卓での使用率も高かったので、次回の新潟スクコレ王決定戦では2223型に何らかの規制を掛ける予定です。

③2弾スノハレ

 みんな大好き遅延カードですが2223型に組み込む事でさらに使いやすくなってしまいました。まず、軽いライブを連発してセトリを捲れるので結果として遅延を構えやすく、その遅延をチラつかせて相手がケアしてきたら普通に2223で上がるルートを選ぶこともでき、この選択を2点曲2回ライブした後でもできるのがあまりにもズルいです。

 一応この型にも弱点はあって、遅延ミラーだと5回ライブが確定してしまい苦しくなります。特に2年生デッキに遅延を撃たれた場合が地獄で、相手が超強い4点曲2枚と遅延の23ピース3回ライブ11点で上がれるルートがあるのに対し、こちらは22322なので25ピース5回ライブ11点でかなり厳しいです。

 ただ、遅延ミラーに弱いとはいえそもそも遅延が少ない新潟のような環境なら、一方的にゲームプランを選択できるこのタイプはやはり強力です。

 第1回第2回とこのカードを採用した2233型が優勝した事、一方的なゲームプランの選択ができてしまう事、また新弾で登場したユニット2点曲を非常に使いにくくしてしまい新しいデッキの可能性を狭めてしまう事などを踏まえ、このカードも次回は規制を掛けるつもりです。完全にとばっちりですがG線上にも同じ規制がかかります。ただし、遅延の存在はスクコレというゲームを面白くしている大きな要素でもあるため、ユメユメよりは軽い規制にするつもりです。

 

 以上のように4枚の楽曲カードが2233型の強さを支えているわけですが纏めると、

・ベースになっている2223型が非常に強力

・従来よりも遅延が撃ちやすく、その選択の自由度が高い

というところです。

 

 今回主催は海未単ではなくモメリンを使ったのですが、決勝卓にも上がれず負けてしまいました。負けて悔しいなぁという気持ちと、俺が負けるくらい新潟のスクコレのレベルも上がったんだなぁと嬉しく思う気持ち、プレッシャーから開放された安心感が混ざって何ともいえない心境になりました。まあでもやっぱり次は勝ちたいですね。ガルパンの再放送見て喜んでる場合じゃなかったです。

 というわけで第3回交流会もお楽しみに。

 

 

おわり

ガルパンはいいぞ

 

いいぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終わり

ななだん

  

 暇なので発売まであと1週間を切ったスクコレ7弾のカードを見た感想書きます。HRと楽曲全部書くのは面倒なので僕が個人的に気になってるカードだけピックアップして書きました。

 

①SEC・SP

 5ピース出せるのは強いけどデッキを選ぶのでよく調整された効果だと思います。あと回収系とのコンボもできるので絵里に同じ互換が配られたら面白そう。千歌単で使えば間違いなく強いので僕は千歌SECをどんな事をしてでも手に入れなければならなくなりました。なんとなくですが同じ効果で同色2ピース持ち(千歌だったら赤赤とか)のSPが後から出そうな気がします。

 

②千歌HR

 ドロソとして使えるだけでなくおまけで追加ターンまで付いています。この追加ターンもなかなか馬鹿にできず、デッキにバニラ10枚くらい積めばわりと発動しそうです。ヴァンガードでトリクリするのに比べたら遥かに簡単でしょう。とりあえず僕は千歌単や他のデッキで使いたいので4枚は確保したいです。

 

③梨子HR

 なかなか面白い効果だと思います。セトリの色を散らせばドローが増えますが、逆にセトリの色を統一してセトリ捲り兼1ドローとして使うのもアリです。あと空心のカバーにも良さそうです。欲を言えばピース片方オールが良かったですが贅沢は言えません。個人的には2枚くらい欲しい。

※追記

ドローの効果ですが2色以上あるなら、という条件がありました。なのでセトリの色が同じだと1ドローできません。

 

④ダイヤHR

 これたぶん次で上がれる人とか除いて大体の人はみんなで1ドローを選ぶと思うので、結果的には青3ピース出して自分3ドロー相手1ドローになります。つ、強いずら〜〜。青3ピースが処理しづらく見えますがダイヤ単ならこれだけ手札が増えればジングルやwakuwakuなどの共通を使いやすく、学年なら3年曲がどちらも青3ピース要求なので何とかなるのではないでしょうか。

 

⑤G線上のシンデレラ

 まさかの遅延2枚目が来ました。まあ2枚とも採用することはあまり無いと思いますが、選択肢があるのは良いことです。何よりAqours限定で遅延が打てるようになったのは大きく、今後は4弾梨子スタートのデッキから遅延が飛んでくるのを警戒しなければなりません。怖いですね。

 

⑥近未来ハッピーエンド

 例えばこれをライブした後効果で3点曲をライブしたとします。すると1ターンで5点稼げることになりますが、この曲の5ピースと3点曲の7ピースで計12ピース必要となり、モノズなどの11ピース5点曲に効率で劣ります。しかしその分ユニット4点曲が通常4点曲より1ピース少なくライブできるため総ピース数ではどっこいどっこいになります。まあ要するにMMの54ルートと同じ効率で上がれるかもしれないということです。ミラチケと併せてのワンショットも面白そうです。

 

 

 

尾張

 

第2回新潟スクコレ交流会 概要

 

主催挨拶

 どうも、最近ブログの更新を完全にサボっているオバタです。先日行われた第1回交流会では暑い中集まってくれた参加者のみなさん、場所や企画を提供してくれたビートの店長さん、運営を手伝ってくれたチーム豊栄のみなさんのおかげで、とても楽しい交流会になりました。ありがとうございました。

 しかし仕事の都合などで参加できなかった人も何人かいたため、間を置かず第2回交流会を開催することにしました。第3回は来年の春以降になる予定なので、交流会に興味をお持ちのかたは是非この機会にご参加ください。

 

 

日時

10月8日14時〜18時頃

 

場所

五泉市 ゲーム館ビート様 

 

スケジュール
14:00〜15:00 ランダムセトリ戦
15:00〜16:00 ランダムタッグ戦
16:00〜18:00頃 新潟スクコレ王決定戦

※スケジュールはあくまでだいたいの目安です。実際の状況によって多少前後する場合があります。
※途中参加や途中退出は自由です。

 

イベント内容

①ランダムセトリ戦
 各自のセットリストは使わず、主催が用意するセットリストの山から楽曲カードを捲ってプレイする特殊ルールです。何が捲れるか分からないドキドキ感が楽しめると思います。

 今回は前回以上にアタリハズレを増量し、7弾の楽曲カードを多めに投入する予定です。

※小悪魔真姫のテキストは「セットリストにある裏向きのカードをすべて見る」の部分を「セットリストの上から4枚までを見る」として扱うルールとします。

 

②ランダムタッグ戦
 クジ引きで作る2人チームで対戦するルールです。ライブPはチームの合計で18点を先に獲得した方が勝利です。どのように18点を目指すのか、チームメイトとの相談が重要です。
 プレイする順番は4人でジャンケンをして勝った人が1番目。次にその正面のプレイヤー、続いてその斜め向かいのプレイヤー、と時計周りではなく稲妻型に順番が回るイメージです。
 また、このルールではチームメイトのステージにいる待機中のメンバーを借りてライブする事ができます。連携して無駄なくメンバーを使いましょう。ただし、チームメイトから借りたメンバーは自分のステージに置かれるのでステージのメンバーを参照するカードを使う場合は注意が必要です。例えば鞠莉単を使っているNさんがチームメイトOさんから海未のカードを借りてライブした場合、 海未のカードはNさんのステージにライブ中の状態で置かれるため、Nさんはユニティ互換などの「あなたのステージにいるメンバーがすべて『鞠莉』なら」という条件の効果を使えなくなります。
※参加時効果で条件やコストがあるカードを借り効果を使ってライブする場合、借りる側のプレイヤーがその条件を達成する必要があります。例えばプレイヤーAさんがチームメイトBさんの3弾HR希を借りてライブする場合、手札コストを払うのはAさんとなります。
※4弾HR梨子のような成功時効果は、借りた側のプレイヤーが実行します。
※2弾スノハレで上がる目標ライブPは1点だけです。
※1弾HR凛や4弾ユメユメのようなライブ中の楽曲カードの枚数を参照する効果の場合、参照するのはそのプレイヤー1人分の楽曲カードだけです。逆に、1弾HRにこや絵里ようなライブPを参照する効果の場合、チーム全員分を参照します。

 

③新潟スクコレ王決定戦

 第1回でも盛り上がったこの企画ですが今回は仕様を変更します。

予選

 4人卓のスイスドロー形式で1ゲーム毎に順位に応じて勝ち点が入り、その多寡によって最終的な順位が決まります。基本的には1位が2点、2位が1点、3位以下は0点となりますが、同着ルールの存在によって卓の間で生じる勝ち点に差がついてしまう可能性があるので、「1つの卓で1ゲームにつき与えられる勝ち点の合計は4点が上限」というルールを採用します。

勝ち点配分の例

1位が1人、2位が2人→そのまま1位に2点、2位に1点ずつ(合計4点)

1位が1人、2位が3人→そのまま配ると合計が5点になる→1位に2点、他3人は0点

1位が2人、2位が1人→そのまま配ると合計が5点になる→1位に2点ずつ、他2人は0点

1位が3人、2位が1人→そのまま配ると合計が7点になる→1位に1点ずつ、2位は0点

1位が4人→そのまま配ると合計が8点になる→4人に1点ずつ

 予選では1回戦につき2ゲームとし、これを3回戦まで行います。最終的に勝ち点の多い上位4人が決勝進出です。3回戦までで上位4人が決まらない場合、最大5回戦まで延長します。それでも決まらない場合、予選中に2点を獲得した回数の多さで順位を決めます。

※人数の都合により5人卓や3人卓ができた場合、1ゲームにつき与えられる勝ち点の合計の上限はその人数に比例して変化します。

決勝

 予選を勝ち抜いた4人で3ゲーム行います。この際それぞれの上がるまでのターン数をカウントし、3ゲームの合計によって最終的な順位が決まります。ターン数の合計が同じになった場合、予選の順位が高い方のプレイヤーが勝ちです。

 優勝したプレイヤーは2代目新潟スクコレ王となり、賞品として主催からお好きな弾のスクコレ1box進呈致します。

 

初心者講習
スクコレに興味はあるけど遊び方を知らない、カードは持ってるけどデッキの組み方が分からない、という方に向けて初心者講習もやります。数に限りはありますがデッキの貸し出しも行うので、完全にノー知識&手ぶらで参加してもらってもokです。この初心者講習はスケジュール関係なく随時受け付けているので気軽にご参加ください。

 

共通事項
・誕生日ボーナス無し
・同着ルール採用

・初期目標ライブポイントは9

・メインデッキ20枚以上、セットリスト6枚以上、☆20以下 
・プレイする卓はクジで決め、一定時間で席替えもします
・効果の裁定やゲームの進行などで分からないことがあれば、主催を呼んでください

 

クソ記事

暇地獄なので〜〜

ブログ書きます〜〜♪

毎日フレンズ〜〜♪

 

僕はオタクなのでアニメとかよく見るんですけどォ〜〜

いうてそこまでアニメ大好きって訳ではなくてェーーン

じゃあなんで見てるかっていうとォ〜〜

30分っていう尺がちょうど良いンすよォ〜〜

ほら僕テレビ観るとき酒飲むじゃないすかァ〜〜

そんで脳にショーガイあっから記憶すぐ飛んじゃってェーー

ドラマとか映画みたいに1時間2時間もあると後半の内容全部忘れちゃうンすよォ〜〜ん笑

意味ねーーーー!!

ギャハハハハハハ♪

やぁバ〜〜い☆

 

 

 という訳で今回は僕が今期観てるアニメの感想です。面白い順に書きます。下の方は基本悪口です。

 

1.アクションヒロイン チアフルーツ

 ご当地ヒロインブームのなか女子高生が集まってアクションヒロインショーをやるおはなし。

 前情報もなく全く期待せずに観たら1話目から全開で面白くハマってしまいました。作画とか全体の雰囲気から出てる絶妙なユルさが癖になります。3話まで観ましたが毎回文句なしにおもしろかったので今期1位に挙げました。最近僕が激推ししてる宇宙最強声優の伊藤美来が主役で出てるのも強いです。

 僕は特撮とか観ないので全然分かりませんが、特撮モノのパロディネタが結構あるらしいのでそういうの好きな人はより楽しめるかもしれません。けものフレンズとかも速攻でパクってたので特撮以外のパロディネタも今後出てくるでしょう。「ケモミミン」はさすがに笑いました。

 

 2.血界戦線

 再放送なので特に書くことないです。話やキャラは文句無しにおもしろくOPEDもオシャ。10月から2期やるらしいので観てなかった人は観得だと思います。

 

3.アホガール
アホすぎ。

 

4.サクラクエスト
 まさかの2クール目で苦笑い。シロバコと同じお仕事シリーズで女キャラ5人が田舎で町興しするおはなし。特につまらない要素は無いのですが何故か全然おもしろくもない。しかし今期になって他におもしろいアニメがあまり無く、相対的にこれがおもしろく見えるというなんとも微妙な立ち位置のアニメです。

 

5.プリンセス・プリンシパル

 壁によって東西に分裂した19世紀ロンドンを舞台にした美少女スパイアクション。スチームパンクとか英語のOP&EDとかとにかく雰囲気作りにこだわってるっぽいです。スパイ物だけあって毎回なかなかスリリングな展開がありますが、ご都合主義とかツッコミどころみたいなのも目立ちます。

 メインの女の子は5人いますが現時点で飛び抜けて打点の高いキャラがいる訳でもなく、ただ話が進むにつれこの5人が裏切り合ったり殺し合ったりしたらおもしろくなりそうなので後半に期待です。

 

6.NEWGAME‼︎
 ハイハイひふみひふみ。僕このアニメ1期は4話くらいで飽きて切ったんすよ。今回は完走できるのか〜?

 

7.メイドインアビス

 お帰りなさいませご主人様〜のメイドはでてきません。めちゃくちゃデカくて深い穴を探検するおはなしです。子供向けみたいなキャラデザですが話はしっかりしてるし、穴の中は下に行くほどヤバくなるみたいなのでこれも後半に期待です。まあそんなに面白いかといわれるとうーーんって感じ。

 

8.地獄少女 宵伽

 このシリーズ初めて観ましたがキャラ分からなくてもおもしろいです。結構鬱展開あるので(特に3話がヤベー)耐性無い人は注意です。

 

9.天使の3P
 あー、これはまぁ、その人の守備範囲によるのでー、なんともー、話自体はー、まあまあおもしろいけどー、うーん……

 

10.賭ケグルイ
 1話は顔芸で爆笑しながら観てましたが所詮はそれだけの出オチアニメって感じです。それでもまあまあおもしろいのでこれからの盛り上がりに期待。

 

11.異世界食堂
 僕はタイトルに「異世界」と入ってるアニメは基本観ないのですが、これは飯屋モノらしいので気になって観てみました。つまんないことは無いのですが、異世界の住人が店に来て「人間の食べ物なんだコレ!ウメエ!ガツガツ!おかわり!」みたいなパターンを毎回やるのでさすがに飽きてきました。次も同じパターンやったら切ります。

 

12.ザ・リフレクション

 NHKでやってるスタンリー原作のアメコミ風アニメです。災害によって特殊能力を得た人間たちがヒーローとヴィランに分かれて戦うというアメコミ感全開のストーリー。アメコミ風の演出が若干くどいですが、アメコミ好きな人はとりあえず1話観てみては。僕は2話観て続けるか考えます。

 

13.サクラダリセット

 何がおもしろいのか分からない。完全に惰性で観てます。とか言いつつ2クール目も結局観てるのでなんだかんだおもしろいのかもしれません。

 

14.ゲーマーズ!

 拗らせゲーマー達の青春錯綜系ラブコメ笑。1話で一瞬だけおもしろいかと思ったら2話以降やっぱりつまらなかったです。あと僕はイケメンが嫌いなのでイケメンキャラが出てくると萎えます。ラブコメなのに強いヒロインがいないのも痛いです。

 

 

※ここから下は1話で切ってるので順位とか関係ありません。

 

 

 

 

15.ひなろじ

 ラクロジっていうTCGのアニメですが全然カードゲームしてないので切りました。

 

16.バチカン奇跡調査官

 1話観たけど酒飲みすぎて内容覚えてません。なんとなく女性向けっぽい雰囲気を感じたので切ったような気がします。

 

17.セントールの悩み

 僕は受け付けませんでした。

 

18.最遊記 RELOADBLAST

 続編っぽいしイケメンばっかりなので切りました。最初から観ればおもしろいかもしれません。

 

19.恋と嘘

 もう台パンしたくないので切りました。

 

20.はじめてのギャル

 観るに耐えないヒドさ。 

 

21.妖怪アパートの幽雅な日常

 なんで切ったのかすら忘れました。

 

22.ようこそ実力至上主義の教室へ

 冒頭のバスのシーンが胸糞悪いのと主人公のキャラがウザいのと話がおもしろくなる気配0だったので切りました。唯一良いところを挙げると、久保ユリカが巨乳JKの役で出てます。

 

 

まとめ

 今期はおもしろいアニメ少ないと僕は思います。毎週楽しみなのはチアフルーツと血界くらいであとは暇潰しに観てる程度です。

 10月からはサンシャインの2期が覇確なので今から楽しみです。

 

 

おわり

 

 

 

 

第1回新潟スクコレ交流会 概要

 

日時

8月11日14時〜18時頃まで

 

場所

新潟県五泉市 ゲーム館ビート様

 

スケジュール

13:45〜14:00 受付

14:00〜15:00 ハーフシールド戦

15:00〜16:00 ランダムセトリ戦

16:00〜17:00 ランダムチーム戦

17:00〜18:00 全員スクコレ&お楽しみジャンケン大会

18:00頃 解散

 

※スケジュールはあくまでだいたいの目安です。実際の状況によって多少前後する場合があります。

※途中参加や途中退出は自由です。

 

イベント内容

①ハーフシールド戦

 店頭で6パック購入し当たったカードを必ず6枚全て使ってデッキを組む限定構築戦です。さらにメインデッキは12枚以上、☆は7まで、初期目標ライブPは5点という変則ルールとなります。パック運と柔軟なデッキ構築力が鍵を握るっぽいです。

※セットリストはいつも通り6枚以上です。

※キラキラカード&クリアホルダーセットは1つで2パック分にカウントします。

※カードプールが足りない、組み方が全く分からないという方には主催が構築のお手伝いをします。

 

②ランダムセトリ戦

 各自のセットリストは使わず、主催が用意するセットリストの山から楽曲カードを捲ってプレイする特殊ルールです。何が捲れるか分からないドキドキ感が楽しめると思います。

※小悪魔真姫のテキストは「セットリストにある裏向きのカードをすべて見る」の部分を「セットリストの上から4枚までを見る」として扱うルールとします。

 

③ランダムチーム戦

 クジ引きで作る3人チームで対戦するルールです。ライブPはチームの合計で27点を先に獲得した方が勝利です。どのように27点を目指すのか、チームメイトとの相談が重要です。

 チーム決めのクジではリーダーも同時に決め、リーダー同士は向かい合うように座ります。プレイする順番は先ずリーダー同士がジャンケンをして勝った方が1番目。次に負けた方のリーダー、続いてその斜め向かいのプレイヤー、さらに続いてその正面のプレイヤー、と時計周りではなく稲妻型に順番が回るイメージです。

 また、このルールではチームメイトのステージにいる待機中のメンバーを借りてライブする事ができます。連携して無駄なくメンバーを使いましょう。ただし、チームメイトから借りたメンバーは自分のステージに置かれるのでステージのメンバーを参照するカードを使う場合は注意が必要です。例えば鞠莉単を使っているNさんがチームメイトOさんから海未のカードを借りてライブした場合、 海未のカードはNさんのステージにライブ中の状態で置かれるため、Nさんはユニティ互換などの「あなたのステージにいるメンバーがすべて『鞠莉』なら」という条件の効果を使えなくなります。

※人数の都合により3人チームから2人チームに変更する場合があります。その場合目標ライブPは18点となります。

※参加時効果で条件やコストがあるカードを借り効果を使ってライブする場合、借りる側のプレイヤーがその条件を達成する必要があります。例えばプレイヤーAさんがチームメイトBさんの3弾HR希を借りてライブする場合、手札コストを払うのはAさんとなります。

※4弾HR梨子のような成功時効果は、借りた側のプレイヤーが実行します。

※2弾スノハレで上がる目標ライブPは1点だけです。人数分上がることはありません。

※1弾HR凛のようなライブ中の楽曲カードの枚数を参照する効果の場合、参照するのはそのプレイヤー1人分の楽曲カードだけです。逆に、1弾HRにこや絵里ようなライブPを参照する効果の場合、チーム全員分を参照します。

 

④全員スクコレ

 参加者全員で1つの卓を作ってスクコレをプレイします。何人でもプレイできるのがスクコレの良いところですね。構築やルールは普段通りですが、ゲームが伸びすぎる可能性があるので2弾スノハレは禁止とします。

※1番早く上がったプレイヤーのデッキレシピをツイッターやブログに載せる可能性があります。ご了承ください。

 

⑤お楽しみジャンケン大会

 運営とジャンケンをして勝ち残った方に景品をプレゼントします。景品の数は少ないですがその分価値のある物を用意しております。僕光のプレマも景品で出すので奮ってご参加ください。

 

初心者講習

 スクコレに興味はあるけど遊び方を知らない、カードは持ってるけどデッキの組み方が分からない、という方に向けて初心者講習もやります。数に限りはありますがデッキの貸し出しも行うので、完全にノー知識&手ぶらで参加してもらってもokです。ここでルールを覚えてチーム戦や全員スクコレに参加すれば、いきなりスクコレプレイヤーとしてデビューして知り合いもできるので一石35億鳥くらいのムーブになると思います。この初心者講習はスケジュール関係なく随時受け付けているので気軽にご参加ください。ちなみに講師は新潟のおもしろ名物VGプレイヤーのりくぴさんです。

 

 

共通事項

・誕生日ボーナス無し

・同着ルール採用

・メインデッキ20枚以上、セットリスト6枚以上、☆20以下 (ハーフシールド戦を除く)

・プレイする卓はクジで決め、一定時間で席替えもします

・効果の裁定やゲームの進行などで分からないことがあれば、主催を呼んでください 

 

運営紹介

・オバタ

海未推し/千歌推し/主催がんばります

・りくぴ

推し/花丸推し/初心者講習を担当してもらいます